糖尿病センター

糖尿病センター

糖尿病外来

img001
  • 糖尿病は、非常に身近な病気の1つです。
  • 放置しておくと健康寿命や平均余命に重大な影響をもたらします。
  • 当院では、1型、2型に関わらず、全ての糖尿病患者さんに、個々の状態、状況に合わせた治療法をご提案します。

糖尿病とは

血糖は、人が生きていくために必要なとても大切なエネルギーです。糖尿病とは、血糖の値(血糖値)が様々な理由で上昇してしまう病気です。現在、日本人の約950万人が糖尿病であると考えられており、糖尿病の予備軍を含めると2000万人を超える人に、血糖値の異常があると言われています。もはや身近な疾患であると言えます。

糖尿病の問題点

血糖値が上昇することで、合併症が進行することが最大の問題点です。健康寿命や平均余命に大きな影響をもたらすことが知られています。
糖尿病の合併症は、高血糖が全身の血管を傷つけてしまうことで起こります。

例えば、神経症(しびれから始まる)、網膜症(目の症状)、腎症(蛋白尿)、心筋梗塞、脳梗塞、末梢動脈疾患(下肢のしびれ、冷感など)などの動脈硬化性病変などが知られています。

これらを予防するためには、血糖値のみならず、高血圧、脂質異常症、肥満など、多面的な視点で全身管理していくことが必要です。

糖尿病の治療法

糖尿病の治療法に、これだけやれば大丈夫というものはありません。そこで、それぞれの患者さんの状態、状況に合わせて、ベストの治療法を一緒に探していきます。

食事療法

img002

糖尿病食に、「これだけ食べていれば大丈夫」も、「これを食べたらダメ」もありません。基本は、「適切なカロリーをバランス良く」、です。最近では、食後の血糖値は炭水化物の量が重要であることもわかってきています。まずは出来ることからご相談させてください。

運動療法

img003

糖尿病の有無に拘わらず、運動不足を自覚していらっしゃる方が非常に多くなってきています。運動療法も、食事療法と同様に糖尿病に特異的なものはありません。元気に長生きを目標に、少しずつでも体を動かすように意識していくことが大切です。まずは出来ることを一緒に考えていきましょう。

薬物療法

img03

糖尿病の領域では、画期的な新薬がたくさん開発され、利用できるようになっています。

内服薬
それぞれの全身状態により、複数の選択肢から最も合う薬を選ぶことが大事です。

注射薬
大きくわけて、インスリン製剤とGLP-1アナログ製剤の2種類があります。

インスリン注射 ご自身の体からインスリンが出にくい場合は、インスリン注射が必要になります。適切なタイミングで一時的にインスリン注射を行うことで、インスリン中止後の血糖コントロールがうまくいく場合もあります。入院でのインスリン治療の開始に加えて、外来でのインスリン治療の開始も可能です。
GLP-1アナログ製剤 比較的新しいお薬です。体重を減らすことの出来る数少ない薬剤の1つです。食事療法のサポート役としての活躍も期待できます。こちらも外来での治療開始が可能です。

偕生病院糖尿病センター

糖尿病センターとは、国民病である糖尿病を専門的に診療する部門のことです。

医師、看護師、薬剤師、検査技師、理学療法士、管理栄養士らの専門スタッフが協力して、患者さんの病状や心情にもっとも適した糖尿病治療を行っていきます。

糖尿病センターの活動内容

1.外来診療

月曜日から土曜日まで、毎日糖尿病専門医の外来診療を行っています。
午後診や夜間診もありますので、ご都合のよい時間にお越しいただけます。
詳しくは、外来診療表をご覧ください。

2.入院診療

月曜日から土曜日まで、毎日糖尿病専門医の外来診療を行っています。
午後診や夜間診もありますので、ご都合のよい時間にお越しいただけます。
詳しくは、外来診療表をご覧ください。

教育入院 「糖尿病に対する正しい知識」、「合併症に関する情報」、「食事療法」、「運動療法」、「薬物療法」、「インスリンに関する正しい知識」などをご理解していただけるように、糖尿病教育入院を行っています。
血糖コントロール
入院
日常生活では、なかなか血糖値のコントロールが難しい状況である場合に、血糖をコントロールする目的で入院加療を行っています。同時に糖尿病に関する知識を増やしていただくことで、退院後も継続できるような血糖コントロールを目指します。

既に他の医療機関に通院されている患者様も、主治医の先生と相談しながら入院加療
をして頂けます。かかりつけの先生と当センターとの協力体制をとることで、退院後もスムーズな治療継続を目指します。血糖コントロールでご心配させている患者様がいらっしゃる医療機関の関係者様は、ご遠慮なく当センターをご利用ください。

3.外来における食事指導および療養支援

月曜日から土曜日まで、毎日糖尿病専門医の外来診療を行っています。
午後診や夜間診もありますので、ご都合のよい時間にお越しいただけます。
詳しくは、外来診療表をご覧ください。

食事指導 食事に関する悩みを外来にて管理栄養士がご相談させていただきます。
担当医にご相談ください。
療養支援 糖尿病の療養生活で不安に思っていることなどがあれば、外来担当医にお知らせください。

4.病棟回診およびカンファレンス

糖尿病で入院していただいている患者様のみならず、他の疾患にて入院中の患者様に関しても、糖尿病に関する問題があれば対象になります。医師、看護師、薬剤師、検査技師、理学療法士、管理栄養士が連携して、患者様により良い医療を提供出来るように、より安心して療養できるように努めていきます。

5.糖尿病患者会「友の会」の設立

日本糖尿病協会に加入する糖尿病「友の会」は、糖尿病患者とその家族、医師、看護師、栄養士などの 医療スタッフで作られている会です。

医師紹介

松田 友和(副院長、糖尿病センターセンター長)

photo

卒業大学名(卒業年) 神戸大学(平成12年)
専門分野 糖尿病、内科
所属学会 日本糖尿病学会、日本内分泌学会、
アジア糖尿病学会、日本病態栄養学会、
日本老年医学会、日本内科学会認定医、
日本消化器病学会
指導医・専門医
認定医・その他資格
日本糖尿病学会専門医、研修指導医、評議員
日本内分泌学会評議員、日本内科学会認定医
院内活動、院外活動 糖尿病センター、NST(栄養サポートチーム)
患者様へのメッセージ 病気を治療する最も大事な目的は、「元気に長生きする」ことです。
心身ともに「元気」になっていただけるように心掛けています。
「個性」を大事に、一緒に病気と向き合っていきましょう。

木戸 良明(臨床研究アドバイザー)
(神戸大学大学院保健学研究科 病態解析学領域分析医科学分野 教授)

指導医・専門医
認定医・その他資格
日本糖尿病学会専門医・研修指導医・学術評議員
日本内分泌学会 評議員
日本病態栄養学会 学術評議員
日本内科学会認定医

野村 和弘

所属学会 日本内科学会、日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本肥満学会
指導医・専門医
認定医・その他資格
日本糖尿病学会糖尿病専門医・研修指導医、日本内分泌学会内分泌代謝専門医、日本内科学会認定内科医
患者様へのメッセージ 皆様のお役に立てるように頑張ります、まずはお気軽にご相談ください。

高井 智子

所属学会 日本内科学会、日本糖尿病学会
指導医・専門医
認定医・その他資格
日本糖尿病学会専門医、日本内科学会認定医、総合内科専門医
患者様へのメッセージ 地域のお役に立てるように頑張ります!

鈴木 江美

所属学会 日本内科学会、日本糖尿病学会
指導医・専門医
認定医・その他資格
日本糖尿病学会専門医、日本内科学会認定医
患者様へのメッセージ 思いやりを持って診療していきます。

外来スケジュール

 
午前診 松田 高井 野村 松田 松田 木戸
松田※1
午後診 松田 松田
夜間診 木戸
(松田)※2
高井 松田

※1 松田医師の診療は第2・4土曜日のみとなります。
※2 17:00~17:30(松田医師)・17:30~19:00(木戸医師)

Copyright © 偕生病院 All Rights Reserved.

ページ先頭へ