地域医療連携室

地域医療連携室

01

当院では患者様に安心して受診していただけるように、地域の医療機関 福祉事業所との連携を深めるために、室長(副院長)を中心にソーシャル・ワーカー(社会福祉士)2名、看護師1名を配置し活動しております。

患者様やご家族からの様々なご相談をお受けしております。
例えば、
 ●医療・福祉サービスに関するご相談
 ●他病院・診療所・介護施設・介護事業所からの入院・受診のご相談
 ●入院患者様への他医療機関・介護施設のご紹介ならびに転院のご相談など

また専任の看護師が患者様の病状のご相談や理学療法士と共にご自宅に訪問し環境の見直しを行うなど在宅復帰に向けてのご協力をさせていただいております。

患者様のご家族 医療機関・福祉事業所の皆様とコミュニケーションを図り、よりよい地域連携室となりますよう努めてまいりますので、お気軽にご相談下さい。

地域包括ケア病棟について

平成26年6月より3階病棟(45床)を「地域包括ケア病棟」として運用しております。「地域包括ケア病棟」とは急性期治療を終了し、直ぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者様に対し在宅復帰に向けて、医療管理・診療・看護・リハビリを行うことを目的とした「在宅復帰支援の為の病棟」です。
在宅復帰をスムーズに行うために「在宅復帰支援計画書」に基づいて、主治医・看護師・薬剤師・管理栄養師・理学療法士・作業療法士・マッサージ師・ソーシャル・ワーカー等が協働し退院支援を行っております。

どのような場合に利用できますか?

在宅復帰にむけた患者様や介護施設復帰をめざす患者様、在宅生活から施設への生活を希望され転居をめざす患者様が対象となります。

具体的には?

●急性期症状は改善したが、もう少し治療・経過観察等が必要な患者様
●入院治療により病状は安定したが、在宅復帰をめざす為リハビリが必要な患者様
●在宅での療養準備、環境整備が必要な患者様

入院期間について

病態に応じて入院期間は調整することとなりますが、保険診療上最大60日までとなっております。

レスパイト入院について

当院では在宅で療養されており、介護者の事情により在宅での療養が困難になった患者様のご相談をお受けしております。
介護されているご家族の心身の疲労を回復させることや、患者様がリハビリを行い機能回復を目的とする場合などご利用していただいております。
患者様の病態に応じてのご相談となりますので、まずは地域連携室までお問い合わせ下さい。

- 地域医療連携室ご利用時間・ご連絡先 -

相談受付
月~金曜日:9時~17時
  土曜日:9時~12時00分
連絡先
TEL:078-927-3223 (内線)119
FAX:078-927-3236

Copyright © 偕生病院 All Rights Reserved.

ページ先頭へ