薬剤部

薬剤部

主に入院患者さんを中心とした業務に取り組んでいます。

調剤業務

調剤業務は、医師の処方せんに基づいて、以下の手順に沿って、過誤のないよう正確に行われています。

1
処方せんに記載された内容について確認を行います。(鑑査と言います)
必要に応じて医師に問い合わせをします。(疑義照会と言います)
2
錠剤、外用剤などを処方せんに記載されているお薬の剤形、服用量、服用方法などを考慮し正確に取り揃えます。(計数調剤と言います)必要に応じて服用しやすいように錠剤を服用時点毎に、機械を使って一包にまとめています。(一包化調剤と言います)患者さんごとに専用のトレーを使い病棟が管理しやすいよう調整しています。
3
散剤を処方せんに記載されているお薬の剤形、服用量、服用方法などを考慮し正確に量り取り(計量調剤と言います)、よく混合し、機械で一回分毎に分包します。
4
調剤されたお薬が、処方せんの内容どおりかを、調剤した薬剤師と違う薬剤師が確認します。(最終鑑査と言います)
5
お薬を交付します。

注射薬は、一般に効果が強く血管内に直接投与されるので使い方には特に注意が必要です。そのため、薬剤師が処方せんを基に入院患者さん一人一人が使用する注射薬を1回分ずつ調剤しています。
 注射薬の調剤では、患者さんの検査値や、年齢、体重、発熱、食事摂取など様々な状況を考慮し、処方されたお薬についての配合禁忌(混ぜてはいけない薬)、投与量、投与速度、投与期間などのチェックを行います。ここで疑わしい点は医師にも確認し、より適切な注射薬が安全に使用されるように努めています。

入院時の持参薬スクリーニング

img04

入院時の持参薬スクリーニングでは、入院される患者さんの服用中の薬剤や服用状況について確認し、医師に情報提供を行い医療安全に貢献しています。

薬剤管理指導業務

img01

入院時の持参薬管理からはじまり退院時指導まで、入院中の内服薬、外用薬、注射薬の薬物療法が安全かつ安心して受けられるように、服薬指導や副作用など薬剤の情報収集及び提供を行っています。

DI(医薬品情報管理)業務

img03

医薬品や薬事衛生などの医療情報について収集、伝達などを行っています。医薬品の適正使用や安全性(副作用)などに関わる情報の分析、TDM(薬物血中濃度モニタリング)、錠剤鑑別などの業務を行っています。

TDM(薬物血中濃度モニタリング)

img02

抗MRSA薬を中心に患者様に適した投与設計を行い,適正な薬物療法を行うために用法用量を医師に提案します。また、投与開始後の薬物血中濃度を測定し,薬物動態学的な解析に基づいた用法・用量の最適化など、計画的な治療管理を支援します。

その他

医薬品の安定供給に努めています。
また、チーム医療では回診に参加し、各委員会等においても薬学的な視点からの提案等を行うなど活躍しています。

Copyright © 偕生病院 All Rights Reserved.

ページ先頭へ